私のヒプノ体験 その16「南北戦争時代の記憶」

紫紋のヒプノセラピー体験談前世療法

鈍感な私でも
さすがにセラピスト3年もやっていると
いろんな感覚が研ぎ澄まされるようで、
日常でも過去世を感じることがあるようです

休みの日にぷらっと行った
とある住宅展示場での出来事
コンセプトハウスが並ぶ中
カントリーハウスに入ったとき
つ~っと涙が溢れてきて
「あ~こんな所に住んでたな」と
懐かしさがこみ上げてきた事がありました。

また、それより半年位前
枕がベッタベタになる位に
泣いて、朝起きた事があり
その時の夢は
大好きな男性が戦争に行く
という、別れのシーンでした。
起きてからも切なさが残る辛いものだったけど
カントリーハウスの涙も、この夢も
どうやら同じ過去世の記憶から来ていたようで
最近セッションで出てきたので
忘れないように書いちゃいました。

私のヒプノ体験 その16「南北戦争時代の記憶」

たどり着いたのは
アメリカの広大な牧場に伸びる道の前に
くるぶし位の長さのドレスを着て佇む、若い女性
身なりをきちんとし
日傘を差し、道の向こうを見据え
帰ってくるはずも無い男性を
日が暮れるまで待ち続けている。

その男性は戦争に行き数年経ち
もはや帰る見込みも無いのに
誰に何と言われ様と
ただ朝起きては、身なりを整え
家の前に立ち、道の向こうを見据えて
日が暮れるまで待ち続ける
何年も、何年も。

彼は・・町の役場で勤めていて
とても親切にしてくれた人
田舎から出てきて何も知らない私に
優しく、色々教えてくれて、
頼りになる、憧れの人だった。
お互いの気持ちを確かめ合ったのだけど
すぐに戦争に行く事になってしまって
お互い大切なものを交換しようと
私はペーパーナイフを渡し
彼は懐中時計をくれて
そのまま彼は戦死し、2度と会えなくなった。

突然の別れに
気持ちが追いつけなかったようです
生きる気力も無いまま
若くしてガリガリになって
死んでいった。
----
このセッションは
とにかく感情が出て来ないな~って思いました。
別れを受け入れようとしないが為に
時が止まり
無感情、
無気力で
過去に執着(ロックオン)してしまい
彼の過去に受けた優しさにすがり
親に頼り(親が農場経営していたから働かなくても済んだのでしょうね)
人生を全く放棄していた様でした。

悲嘆の傷から立ち直れなかったのですね。
いろんな過去世がありますね~。
過去世に感謝
だから今の人生では
反動で「なんでも自分でやりたい」って思うのかもですね。

その時の男性は、たぶん今大切な人。
時々ふっと涙が溢れてくるのは
「やっと一緒に居られる」という想いかもしれませんね
ありがとうございました

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202