体験談218号「悲嘆療法・亡くなった息子さんとの対話」

ヒプノセラピー体験談亡くなった魂との対話

◆ 悲嘆療法とは、亡くなった魂となった存在と、潜在意識下で
再び対面し、交流を図るもの。

多くの場合、死は残された人へ様々な負の感情をもたらします。
喪失感・罪悪感・後悔・悲しみ・怒り・・
その感情はごくごく普通のことなのに、否定する事で、頑張る事で
更に自分自身の心を蝕んで、長引いたり
辛い時に掛けられた、周りの人の何気ない言葉によって
更に傷つく事だってあるのです。

今回は、大切な息子さんを自死で亡くされた女性の体験談です。

相談内容は、2点。
甘える事ができなかったという、お母さんとのこと。
これは、年齢退行療法で、妹の出産によって
お母さんと離れた事での寂しさ、我慢の原因に向き合いました。
お母さんから「大切な存在だよ。幸せになってほしい。」との言葉を聞いて
スッキリされたご様子でした。

さらに潜在意識深く沈みこみ、
2つ目の相談である、魂の存在となった息子さんと、
イメージ下での再会を進めてることと、
息子さんとして生まれた意味を探る、魂の癒しの旅に出かけました。
relgf01a201405181400.jpg
ヒプノセラピー体験談 その218「悲嘆療法・亡くなった息子さんとの対話」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


イメージ下で出てきた息子さん、恥ずかしそうに照れた様子です。
2人はお互いを労わり、謝罪を繰り返します。

「お母さんがあなたの気持をわかってあげられなくて、ごめんね。
向き合ってあげられなくてごめんね」

『お母さんが悪いんじゃないよ。俺が弱かったから。
生きているのが嫌になったんだ。
俺が生きていたら、お母さんを困らせると思ったから。
お母さんはいつも優しかった。ごめんね。ありがとう』

「迷惑かけてでも、どんな風でも生きて欲しかった」

息子さんは、なぜこのお母さんの下を選んだのでしょう。
生まれる前の記憶まで戻っていきました。

『空の上から町を見ていた。ワクワクしながら生まれる事を待っていた。
ちょっと悲しそうにしている、お母さんを見つけた。
愛されたいって思っているみたいだから、愛してあげようって思ったの。
お母さんのそばでずっと守ってあげようって決めたの。
お母さんには笑っていてほしいんだ・・・』

お母さんの胎内の記憶まで進めると・・

『時々足でおなかを蹴ったのは、
ここにいるよって、僕がいるよって知らせたの
元気付けようと思ったの』

さらに、時間を時空を越えて、息子さんが亡くなった後で
いつもいるところ(魂の世界)を見せてくれました。

『とっても明るくて、穏かなところだよ。
家族(亡くなったお祖父ちゃんとか先祖)と一緒で
みんな優しくて、暖かいんだ。』

『僕は、お母さんを選んで生まれて来た。
後悔はしていない。お母さんの子供で良かったよ。
お母さんはお母さんらしく生きればいい。
今までいっぱい頑張ってきたから、肩のちから抜いて、生きていけばいい。
又会えるから。
僕は大丈夫。今は幸せだから。心配しないで・・』
——-
亡くなった大切な人と、魂の存在として
再会を果たす時、言葉を聞くとき
滝のような癒しの涙で、心と体、魂は浄化され、
止まってた時計が動き、また新たな時を刻み始める。

悲しみは一生続くかもしれない。乗り越えるなんてきっと出来ない。
でもいつの日か、心の中で折り合いが付いて
自分らしく生きていけるようになるのかもしれない。
その時間は長くとも、歩みは果てしなく遠くとも
それも人生の側面。

あなたの心にはどう響きましたか?

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に
 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202