わたしのヒプノ体験談28号「わたしがヒプノセラピストになった理由」

紫紋のヒプノセラピー体験談前世療法

◆ 「どうして私はヒプノセラピストをしているのだろう?」の疑問・・。

今まで人から
「どうしてヒプノセラピストやってるんですか?」と聞かれると

・「生きがいの創造」を読んで、なぜかなろうと思ったこと
・ヒプノセラピーによってわたし自身が救われたこと
・ドイツ人の前世での残虐行為の償い
などと話していたのですが

前世でヒプノをやっているとか、
直接の原因前世を見たことはありません。

なので、受講中に講座の練習セッションの目的を
「わたしがヒプノセラピストになった理由」で定めてみました(^^)
すると、意外な前世が出てきました。

ってか、やっぱりヒプノやってないし~~(T_T)
mono7933967956_8b94dbc2d4.jpg
私のヒプノセラピー体験談その28「わたしがヒプノセラピストになった理由」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


辿りついた先は、教会。 古代ギリシャのような場所。

私は50代の男性です。 長い髪は白髪が混じり、顔にはしわが刻まれています。
名前はエディーン?布を被ったような服装をしています。

私は神に対して、拝んでいます。でも祈っているのではなく
「真実を教えて下さい」と、
インスピレーションが降りるのを待っています。

その理由として、人生を振り返ると・・・

農村で生まれた私は
働き者の父と、慈愛に満ちた母の間で
好きな動物や草花と戯れて、元気いっぱいに育ちました。

でも、10歳の時に母は病気で突然命を落とします。
母が大好きだった父はぐったりと生きる気力をなくし
それ以降の父は、まるで母との思い出の中に生きているかのように
精神を病んでいきました。

私は、その現実から目を背けたくて
好きだった勉学に勤しむようになりました。

20歳になり、
大学のようなところの隅で、信頼の置ける仲間たちに、
自分の考えを話し教えを請うています。

私は「死や人の生まれ変わり」についての研究をしています。
大好きな母の死後の世界を知りたかったのです。
様々な文献を読み漁っているけれど、どれが真実かわからない。
世界中のあらゆる宗教が、色んなことを伝えているが
大もとは1つなのかもしれない。でも本当なのか?

この話をおおっぴらにすることは、神々に対する不敬だと言われ、
危ない目にあうかもしれない。
仲間達は、それぞれ立場や研究分野は違えど
自分の意見を持っています。わたしは知りたい。
議論は尽きることはありません。

年を重ね30代。私は妻を持ちました。

街に出た時にふらりとよった市場で
自分で作ったという飾り物を売っていた彼女。

そこに書かれた文様が東洋の宗教のモノだったから声を掛けて
話しかけたことがきっかけで、付き合いだし
彼女はいつも話を熱心に聞いてくれて、いつしか所帯を持つ事に。

でも私は相変わらず研究ばかり。
朝から晩まで研究所で海外の文献を読みあさっています。
時々出版されて、多少のお金になるけれど、
ほとんどは彼女の稼ぎ。
そんな私を彼女は自由にさせてくれ、
嬉しそうにお弁当を作ってくれて、毎日昼に届けてくれる。

時折仲間も集い
議論は尽きることなく、呑んでは語り合う楽しい毎日を過ごしています。

40歳近くのある時「わたしの研究が、神を冒涜している」と
危険分子だとして捕まりました。

研究者の間では、
取締りが厳しくなっているという話を聞いていました。
酷い時には不当な裁判によって、刑に処される事も。
ですが私は全然気にしていません。
ずっと集めてきた古い書物が燃やされていないか、それだけが心配です。

しばらくして大した害も無く、釈放されましたが
さすがに研究所は荒らされ、本もほとんど失いました。
妻は「また集めればいいじゃないの」と、おおらかな笑顔です。
彼女に救われているのに、普段は彼女をあまり大切にはしていません。

60代、命を終えるとき
自分の周りには妻と研究仲間が私の顔を覗き込んでいます。

みんなの気持はわかっています。
「死後の世界・輪廻転生がこれで見れるだろう。
真実を見てくるんだ」と。

私は、先に見に行ける優越感を感じながら、命を終えました。

前世のエディーンが、今の私にメッセージをくれました。

「わたしは、研究しても結局答えを得られていない。
自分の死については判った。でももっと知りたかった。
今世はヒプノセラピーという手法で、もっと知ることができる
今の時代はいいな。これでいい」
——-
わたしは、輪廻転生や、死について
もっともっと知りたくて
ヒプノセラピストになっていたようでした。

それって・・・
探究心があるというか・・
自分勝手というか・・(ーー;)

わたしの前世って
セラピストになった理由って

魔女狩りにあった自然療法家とか、
神の手を持つヒーラーとかがよかったな~~~~~
(-_-;)
※失礼しました

あなたの心にはどう響きましたか?

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に
 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202