体験談176号「感情のほこ先」

ヒプノセラピー体験談インナーチャイルド, 年齢退行

◆ 「過去にずっといじめられていたんです。」とクライアント様

その頃は(中学生の頃)感情を殺して何とかやり過ごし
大人になるまで我慢すれば
きっといいことがあるんだ、と思っていたけど
いざ大人になってみても、
過去の記憶が溢れて苦しいし、最近では暴言を吐きそうになるし
生きづらいんです・・。とのご相談
・・私もいじめられっこでしたので、
お気持ちは良~くわかります。

このクライアント様は若い男性。
仕事柄がっちりなさった体型で、笑顔も優しく
ステキな方でいらっしゃるのに、
とても自信がないご様子・・(・_・;)

でもこの方。苦しい渦中にふと言葉が沸いてきたのだそう。
「音楽を通じて自分を表現したい」と。
同時に、体がビリビリ!っとしたのだそう。

おお、これは!
使命や、大切なメッセージを受け取った時の
サインの可能性があります。
ぜひ「音楽を通じて自分を表現して」頂きたい!!

それを阻むイジメられた過去に
しっかりと向き合っていただきましたよ~(*^^*)
bloglanad_002.jpg
ヒプノセラピー体験談 その176「感情のほこ先因」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


中学一年生・・・教室です。
同級生がいます。みんなの気持ちを感じます。

A君がいます。A君は根暗な子。ストレス解消で自分をいじめていました。
そういう子なんだって思います。
B君は、地味な嫌がらせをしてきたけど、申し訳なさも感じていたみたい。
だから更にいじめたんだ。
Cさんは、何をされても言い返さない僕に嫌悪感を感じていた。
ほかの女子とは話していた事も、嫉妬していたみたい。
Dさんは、ただ気が強いだけ。性格がはっきりしていた。
自分を嫌ってはいなかったみたい。
E君は、ちょっかい出すのが好きで泣かせるのが楽しかったみたい。
イメージの中で殴るといなくなちゃった。
F君は、プロレスごっこみたいに思っていたらしい。でも力が強いから痛かった。
殴ってやると、血を出して倒れている。すっきりした・・・

色んなクラスメートがいたな。
でも自分が嫌いでいじめていたわけではなかった。
いつも廊下から中庭を見て
「いつまで続くんだろう」って思っていた。
話しかけてくれる優しい先生もいて
1人じゃないって思っていた。
すっかり忘れていた。
居場所は少しあったんだ。

~大人に成ってからのつらい出来事も、その相手も
記憶をたどると、どんどん心の中が整理されていく様子でした。

いつもここじゃない居場所を探していた。
今まで断片的に出てきたのは、癒す必要があったから
気付いて癒して、新しい世界に踏み出したい。

この先の未来のイメージは・・・
どこかのステージで発声練習をしている。
友達も出来て、やりたいことがいっぱい
ここが居場所だと感じるところにいる

好きな人と、愛を育み、恋をしながら歌う。

過去に捉われていたのは、
突破口を見つけるために必要だった。
ネガティブな感情を情熱に変えて
新しい未来に繋げるために必要だった。

憎しみのエネルギーが自分を守り、
原動力になり前に進む。
怒り・憎しみ・恨み・・ネガティブな感情があっていい。
自分は何を悩んでいたんだろう?
とにかく歌う事。
自信は、歌う事で付いてくる・・・

——-
セッション中、セッション後にも
「自分がいったい何を悩んでいたのだろうと思います」と
話されるクライアントさま。
いやいや、事前のメールにも、当日のヒアリングの際にも
悩みをいっぱい話されていたのに(*^^*)
とっても素晴らしいです!

そうです、ネガティブな感情はとても辛いけど
その感情を情熱に変換すると
すごい原動力となり前に進むことが出来ます。
「なにくそ」でも「今に見てろ」でもいい。
その感情をエネルギーに変えて、なりふり構わず
いつかたどり付くステキな未来を思い描いて・・・・

あなたらしい幸せな人生を歩まれることを
心から願っています(*^。^*)
あなたの心にはどう響きましたか?
シモン☆ヒプノセラピー 紫紋 かつ恵

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202