体験談172号「女に生まれて来たということ その1」

ヒプノセラピー体験談スピリチュアルな悩み, ハイヤーセルフ, 年齢退行, 未来巡行

◆ この可愛らしい30代の女性のクライアント様。
今までの恋愛では、男性といい関係が続いていても
なぜか自分から壊すことを繰り返していたのだそう。
関係が近づけば近づくほどに、壊そうとする癖・・

女性として、ある程度の年齢に達した時
ステキな恋愛をして、結婚をして、子どもを作って・・
という幸せ像を抱くことは、とても自然なこと。
なくても、全然かまわないのだけど・・(^^)
望むイメージが手に出来ていないなら
潜在意識の中に癒すべく・知るべく何かがあるのかも。

このクライアント様は、セラピー中
3つの場面を辿りました。
それぞれが知るべく・癒すべく場面。
そう、クライアントさんらしく、
使命に沿った人生を歩むために(^^)

1つは、
「恋愛関係を自分から壊そうとする原因」

2つ目は次週お伝えしますが、
「女を選んで生まれて来た理由」

3つ目は、翌々周に
「未来イメージ」

3週にわたってお伝えしますね。
mini27490342_480x336_20150905181936d69.jpg
ヒプノセラピー体験談 その172「女に生まれて来たということ その1」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


「恋愛関係を自分から壊そうとする原因」
としてたどり着いたのは・・
新幹線が見えます。
わたしは3歳かな。

お母さんがいます。
わたしの手を引っ張ってどんどん歩きます。
どこに行くんだろう。
どうしよう、お母さんが泣いている・・。
わたしは悲しい気持でいっぱいです。

「何で泣いているんだろう」

私は何もできずにいることに、
不甲斐なさや、悲しさや、罪悪感を感じています。

はっと気づきました。
大きくなって知ったのは、お母さんは流産していて
本当はもうひとり兄弟がいました。
なぜ、お母さんと2人だけで、お母さんの実家に行こうとしたのか
シチュエーションはよくわからないのだけど
このときに
「お母さんがとてもかわいそうで、
お母さんを一人にしちゃいけない」と思ったこと・・。

大人の自分が、当時の3歳の小さな自分を抱きしめます。

「あなたのせいじゃなかったよ。もう大丈夫だからね」
——-
セラピー中に気づいた
恋愛関係を壊そうとする原因とは、
可愛そうなお母さんを一人にしちゃいけないという
幼い頃の思い。
お母さんが大好きだったから思ったこと。
幼なかったからこそ素直に思い
コアビリーフとなっていたこと
気づいたことで、おのずと変化していきます。
当時から25年余り経過し・・お母さんは大丈夫ですものね。

次週に続きます。3部作の2つ目。
「女を選んで生まれて来た理由」をお届けしますね~

あなたらしい幸せな人生を歩まれることを
心から願っています(*^。^*)
あなたの心にはどう響きましたか?
シモン☆ヒプノセラピー 紫紋 かつ恵

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202