私のヒプノ体験25号「愛情の扉を開くその②」

紫紋のヒプノセラピー体験談前世療法

◆ 私のヒプノ体験 3部作のうちの2部目です。
わたしの中で、なぜかある頑固な、偏り、思い込み
性的なことは悪いものだ、
愛情なんて受け取ってはいけないんだ
そのブロックをはずすため「愛情の扉を開く」
を目的に、セッションを受けました。
そこでは、3つの前世が関わっていたので、3部作としてお届けしています。

前回は、イギリスで花屋として生きた女性の人生をお伝えしました。
そして、次にたどりついたのは「吉原遊郭」
mini34686693_480x360.jpg
現在NHKで小池恵介くん、貫地谷しほりちゃん主演の
「吉原裏同心」という時代劇がやっていますよね。

NHKなのでエッチなシーンはありませんが
吉原の様子がわかり易く書かれてあり、時々観ています。
潜在意識で感じた吉原は、さすがにもっと雑多で、
華美で、粋で、お洒落で性に奔放なイメージでした。


セラピストさんの「もっと深く愛を感じた時まで・・」
という誘導で感じたのは、2つの景色

1つは、宇宙。
宇宙は愛そのものなので、愛情ではないけど
「ああ、愛で出来ているんだな~」という印象

もう1つの景色は、
華美な日本家屋が連なっていて、ここは吉原遊郭
見上げると、キレイな着物を着た遊女が
建物の2階の窓の柵に頭をもたげて、空を見上げている。
下にいるのは、若い男の人。その遊女を見ている。
最初どちらが自分なのか分からずにいました。
そこで、下の男性に意識を合わせてみると
自分はまだ若い青年。仕立ての良い着流しを着ていて
雪駄の鼻緒を粋に決めている、どこかのぼんぼん若旦那のような感じ。
夕暮れ前、今日は連れと3人で吉原に遊びに来たようです。
(渋谷とか、名古屋だったら栄にナンパに行く感じ?)

どこに入ろうかと歩いていたところで、
空を眺めている遊女が目に留まりました。
「なんてキレイなんだろう・・」
着物のあでやかさが空の青に映えて眩しく
白く輝く首筋や、髪の乱れが対照的な哀しみを持っていて
目が離せなくなりました。
「何か見えるのかい?」と声を掛けると
「ええ、月が出ているだろう」艶のある声に、無防備な色気がたまらない。
「これから行っても良いかい?」
今日は大事な客が来るとかで、簡単に断られてしまいました。
店に入り、女将に聞いても同じ返事。
仕方なくその日はなじみの店で遊んで帰るも、気になって仕方がない。

それから、何度か通ってもタイミングが悪くて断られる時もあり
やっと、遊ぶことが出来たときは、本当に嬉しくて
話も合う人で、すっかり虜になってしまった。
でも客として行けたのは、3度だけ。
ある日、同じように店に行くと
「知らなかったのかい、昨日身請けされたんだよ」と女将。
すでに吉原を出ていました。

もう会えないこと、何も言ってくれなかったことが
衝撃で、悲しくて、辛くて
みっともなくて、探すことはしなかったのだけど
ず~っと恋焦がれ
それ以来、遊びは止めました。つまらなくなったから。
しばらくして家業を継いで、嫁を取って家族も出来て
まぁ、そこそこ幸せだったかもしれないけど、
心ではずっと彼女を追い求めた、そんな人生でした。
そこで、女性に意識を合わせていくと
窓の外の月をぼ~っと眺めていると
下から粋な男性に、声を掛けられました。
その人は何度かお客として通ってくれて
年も近いし、粋でお洒落で、意外と気真面目なところもあって
気が合って、一緒にいると楽しい人。
けど、もう身請けが決まっていて
だから、好きとか思わないようにました。

「これで吉原を出られる」
この楼の人とも上手くやっていたし、女将もいい人だったから
別れは少し寂しいけど、
みんな喜んでくれて、この身請けを本当に良かったって思っています。
見受け先の旦那さんは、結構なお金を積んでくれて
実家にもお金が回ってきて、相当な孝行者にさせてくれた。
江戸から少し離れたところに住んで、
旦那さまの家族も、まぁまぁ良くしてくれる。

旦那さんはいつも優しくて、私にいいものを着せてくれて
歌舞伎とか、芸ごとに時々連れていってくれます。
わたしを連れて歩くのが嬉しいようです。
しばらくして、男の子と女の子が生まれ
私と3人で住んで、そこに旦那さんは通ってくれるようになりました。
吉原で会った男性を思い出すことはほとんどありません。
私は吉原から身請けしてもらえて
思いもよらなかった家族を持つことが出来ました。
着物を縫い、ご飯を作り、三味線を楽んで
心豊かで静かな毎日を大切に歩むことが出来た、一生でした。

——-
この前世では、全然違う2人の気持の動きをありありと感じました。
一目ぼれをして心通わせた途端に相手がいなくなってしまい
生涯1人の遊女に恋焦がれた、粋な男性

吉原遊郭に身売りされ、優しい旦那さんに身請けされ
家族と静かな人生を得た女性
愛の形は違うけど、どちらも愛ですね~

次は、「愛情の扉を開くその3」
9/22(月)公開、「割礼された女性の過去世」に続きます。
あなたの心にはどう響きましたか?
シモン☆ヒプノセラピー 紫紋 かつ恵

 

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202