私のヒプノ体験23「心の穴」

紫紋のヒプノセラピー体験談インナーチャイルド, 年齢退行, 胎児期退行

◆ 今回は久々にセッションを受けたので、私の話を。

私の心の穴について、知りたくて。
時々、心にビューっと冷たい風が吹く感触があります。
凍えるような冷たい風
その穴に気付くのは
一人の時間や、誰かの悲しい顔を見た時、
見捨てられる感覚の時
あまりに辛いので、今までは
見ないよう、感じないようにしていました。
忙しくしたり、人の世話をして紛らわしたり
流行のもので満たそうとして
穴を埋めようとしていました。

でも、こんな事していても一向に解決しないので
仲間にセッションをお願いして
潜在意識で原因を探り、癒すことに
blog29719812_430x636.jpg
私のヒプノ体験23「心の穴」


最初にたどり着いたのは、お母さんのお腹の中。
へその緒から感じる、寂しさ、孤独、無力感。
「私は、望まれて産まれるわけじゃないんだ」
母には流産した子がいて、
その子が産まれていたら私は存在しなかった。
そして当時の母は、祖父母との折り合いが悪く、自営業の手伝い等忙しく、
私に愛を注ぐ余裕は無くて
胎児の私は、それを純粋に受け止めている。

・・・しばらくは、その悲しみを感じ
大人の自分が、胎児の私と、その悲しみを抱きしめることにしました。
「悲しいんだね」
なんてかわいい、小さな私
「一緒に悲しもう」
悲しみは受け入れられることで、安堵に変わっていきました。

気付いたことは
この心の穴は、埋まりようの無いものだということ
この心の穴があるから、
人を求め、人に繋がろうとする
人の喜ぶ顔が見たくて
人の幸せを真摯に願う
だから、この穴は埋まらないんだ・・
———
セッション後、数日は
この悲しみをありのままに受け入れて、一人涙を流して
過ごしていきました。
感情を解放すると、
新しく道が開けますね
大きなチャンス到来。
止まる事も大事だけど、進み続けるのが本来の姿。
一歩一歩形にしていこうと思っています。

シモン☆ヒプノセラピー 紫紋 かつ恵

 

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202