体験談98号 「お父さんとの思い出」

ヒプノセラピー体験談インナーチャイルド, 年齢退行

このクライアントさんは
若くてとても有能そうな、優しい笑顔の男性。
相談内容とは
会社の隣の席の女性が、
仕事が忙しくなってピリピリしだすと
なぜか胸が苦しくなってしまう、ということでした。

隣の席の女性は、シングルマザー。
ピリピリしている理由が、
仕事を抱え過ぎ、忙しいことであったり
家のことで時間がないなどで
女性自身の問題であり、
自分が原因でないことは
ちゃんとわかっている様子。
判っているけど
何故かとても胸が苦しくなる、といった様子

話を良く伺うと、
この男性自身も母子家庭。
両親は、自分が幼い頃に離婚し
お母さんはいつも仕事で忙しくて
ぴりぴりしていることがあったとのこと
そして、お父さんの記憶がない、との事。
そのことについては、
「なんとも思っていません」との事でしたが・・
mini16972924_480x319.jpg
ヒプノセラピー体験談その98 「お父さんとの思い出」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


自分はまだ5歳くらい
今日は、みんな出かけて一人です
「寂しいな。どうしよう
コタツの中で寝ようかな~。」
やることがないので、コタツでうとうとしています。
本当は、お父さんとお母さんと
仲良く遊びに行きたかった。
でも、お父さんの事を言うと
お母さんが悲しむから・・・。

子どもの自分が声を出して泣いています。
「何で僕ばっかりお父さんがいないんだ~」
お父さんに会いたい、でもちょっと怖い
もし、来ないでって言われたらどうしよう・・

そこで、イメージの中で
お父さんに会ってみる事に

時間を遡り、
赤ちゃんの頃の自分
お父さんとお母さんと、自分と
一緒に住んでいた家の中
ベットの上にいるようで
天井の赤い飾りがくるくる回っているのを
目で追っています。
お父さんが抱っこしてくれました。
お父さんが、自分を好きだと言う気持ちが
伝わってきます。
包み込まれて、温かく優しい気持ちです

お父さんの気持をもっと理解するために
お父さんの心にのなかに入ってみると

「こんなかわいい息子が生まれて幸せです。
こんなに大切な存在はいない
安心して眠り
大きく育ってほしい
生まれてきてくれて有難う
もうしばらく、このまま抱きしめていたい」

クライアントさんが
大泣きし、安堵の表情を浮かべています。
嫁姑問題のために、離婚を選んだようだけど
優しかったという、
お父さんの思いに触れ、ぬくもりに触れ、
深い安心感を感じていらっしゃる様子。
—–
それでもまだ胸の奥のザワザワが残るので
そこに意識をあわせると
灰色の砂嵐のようなザワザワした何かが
胸の奥に蔓延っている様子
「お前なんて、存在する意味はないのだ」

そのザワザワに対して
クライアントさんが発します。
「でも、ここにいる。
意味はまだ、わからないけれど
探すか、見つけるんだ」
その砂嵐のようなザワザワで覆い隠していた
「自分が存在する意味」

そのザワザワに感謝のエネルギーを送ると
「寂しくなるな・・」と言って
光に帰っていった様子。

そして改めて胸の奥を見つめてみると
「愛があります
笑顔があります
幸せがあります」
—–
セッション後のアンケートでは
「最近辛くて泣いたことはなかったのに
次々と涙を流した自分に
驚きとともに喜びを感じました。
自分は、ちゃんと心を持った人間なんだと
実感を得られたことが嬉しいです」
とのこと。

となりの席の女性とのことなどは
直接的には、出て来なかったのだけど
胸の奥で感じた思い
ぬくもりの灯火を大切になさってくださいませ。

あなたは今でも充分
とてもステキな男性なのですから
そのままで、ありのままで
あなたの人生が
いつだって愛と笑顔、幸せいっぱいであることを
心から願っています。
出会いに感謝☆

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202