体験談 その43 「幸せな人生を送りたい 」

ヒプノセラピー体験談前世療法

セッション中いくつかの過去世に行く方がいます
その過去世は場所も性別も環境もぜんぜん違うのだけど
関連性があったりして
今とこれからの人生に必要な何かを掴み取るために
その場所にたどり着くようです。

体験談 その43 「 幸せな人生を送りたい 」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして、私の判断、表現法、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで

最初にたどり着いた過去世は・・・

私はピンク色のドレスを着ています。23歳。
不安な気持ちで石で囲まれた暗い部屋に座っています。
私は捉えられたようです。
身分ある地位に産まれ
贅沢な暮らしをしていたから反感を買い
街の人に捕らえられたのです。

私には男の子がいました。
今は離れて、子供が心配で、とても淋しいです。
私にとって子供は全てでした。
自分が贅沢な暮らしをしていて怠けていたから
とても後悔しています。
もっと充実した生き方を
人のためになる仕事を、生き方をしなきゃいけなかった。
薄っぺらい人生。
「今度生まれ変わったら幸せな人生を送りたい」

そして次にたどり着いたのは・・・

レンガ造りの家の中、外は曇っていて冷たい空気。
僕は男の子、13歳です。
お父さんとお母さんはイライラしています。
時々頭を殴られます。
でも外には出られません。
ユダヤ人の家族で、戦争中隠れているからです。

つまらなくて、やることもなくて
兄弟もいなくて、誰かと遊びたいって思っています。
外を見ても誰も歩いていません。
みんな危ないから家の中に隠れているのです。
戦争なんて終わればいい。
終わったら前みたいに
お父さんもお母さんも優しくなって
幸せな人生が送れるのに

爆弾が飛んできて、屋根が崩れました。
・・・僕は死んだようです。
穏やかな雲に包まれて、ゆっくりと天に上がっていきます。

「 今度生まれ変わったら、幸せな生き方がしたいな。
もっと充実して、自分で自分を楽しませることができる生き方を
家の中から外を見るだけだったから
お父さんとお母さんを大事にして
もっといろんなことがしたい 」
——-
だから、私達はどれだけでも幸せを追い求めていいと思う。
今この瞬間、生きている幸せを感謝して
人の幸せを願い、
自分の幸せを大前提に
幸せになるための行動を起こしても
だって誰しもこの人生は
苦しみや悲しみのためにあるのではなくて
幸せであるために、幸せになるために
生まれ変わっているのだから

その後、いくつかの過去世で家族との関わりにたどり着き
家族との出会いの意味や
今世での役割、目的を知ることができたクライアントさん
コチラこそいろんなことを教えていただきましたよ

出会いに感謝しています
どうか貴女らしい幸せな人生を歩まれることを願っています。
ありがとうございました

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202