私のヒプノ体験 その11 「中学時代の私を癒す」

紫紋のヒプノセラピー体験談インナーチャイルド, 年齢退行

養成講座受講中クライアント役で参加した時に
感じたインナーチャイルド
社会人としてしばらしくてから
「子供の時の記憶がない」事に気づいた私。

罪悪感たっぷりで、いじめられっこで
自分大嫌いで、自分を保つのがやっとだった私は
私(子供の)=恥のように感じていたから
なかったことにしたかったみたい。
だからこの年齢の私は、
ずっと前から私に気づいてほしいと
メッセージを送ってくれていた気がします。
忘れていてごめんね。何も悪くはないのにね。

私のヒプノ体験 その11 「中学時代の私を癒す」


思い出したのは
教室。制服を着た、中学2年生。

みんなが笑っているのに、自分は全然面白くない
今日は私の事をからかってはいないけど
胸がドキドキする、
いつもは私の事
そしてすぐに回ってくるかもしれない。
面白くもないのに、自分も笑う。
きっと引きつっている。

みんなが何を考えているのかわからない
それで精一杯
苦しいな、
何度も死にたいって思った
家は、仕事が忙しくなって
誰もかまってくれない
居場所がない

・・インナーチャイルドのワークでは大人の自分が現れて
子供の時の自分と会話し、抱きしめて融合します。

大人の自分が抱きしめると、
「ずっと待っていた。」って泣いていた。
中学の時の自分は、
実はとてもクリエイティブだった
外は恐い世界だったから
内に篭って文章や絵をいつも書いていた
想像力あふれて独創的で
いやな記憶とともに封印していた。

だから
書くことが恐くて、
書きたくて、でも書けなくて
フッと未来のイメージが浮かんだ
そこは、見えたわけじゃないけど
今の自分と、中学の時の自分が
感動するほどの場所だった

あの時は
未来なんて想像できなかったけど
こんな素敵なところまで来れたんだって
二人でここまで行くんだって
私たちは行く事が出来るんだって
今までの事は全部無駄じゃないからって
そう感じるほどの、場所まで
二人で行くんだって。

娘はちょうど中学生でね
娘の事でいつも悩んでいたけど
それは中学時代の自分がまだ癒されていなかったからなんだって
子供って、親を助けるために
気づかせるために生まれてくるっていうけど
そういうことなんだなって思った。
愛に気づくために
本当の自分に気づくために
存在はあるんだって思った。

そして
抑圧され忘れた記憶とともに
その時の能力まで封印するんだって事もわかった。
不思議だね~
今回のセッションではいろんなことに気づいたな~
セッションってやればやるほど
クリアになって
軸がぶれなくなってくる感じ

ごめんね、子供の時の自分
もう、一人にしないから
手伝ってね、とても大切な仕事をしているから
幸せになる、するという大切な仕事
一緒に行くよ。もうおいていかないから
ありがとうございました

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202