セッション体験談 その4 「今世での役割」

ヒプノセラピー体験談前世療法

クライアントさんとのセッションの様子を書いていきます。

なぜこの時代、この場所、親、家族、
出会う人を選んで産まれてきたのか、その理由が知りたい
と言う、可愛い奥様、Yさん。
まだ小さなお子さん達と旦那様と
とても幸せな家庭を築いていらっしゃる様子が目に浮かぶステキな方のですが
感じた前世は、とても重く、深いメッセージを抱えていました。

セッション体験談 その4「今世での役割」
※全てのセッション体験談は、セッション後のアンケートにおいてクライアントとの同意の上で文章化しています。
そして、私の判断、表現法、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。 ご意見、お問合せはコチラまで


ひとつ中年の男性だった前世を感じた後
辿り着いたのは、貧しい日本の風景でした。

私は14歳、みつと言います。
お母ちゃんは、自分が10歳の時、お産がうまく行かず死にました。
自分は、お父ちゃんとおばあちゃん、小さい子と一緒に住んでいます。
家の近くに蛍が飛んでいます。
でもただ、見ているだけ。
うれしくはありません。

25歳になりました。手の中に赤ちゃんがいます。
私の子です。とても可愛い男の子です。
可愛いのだけど、気持ちはとても悲しい。
貧しく、食べるものが無いからおっぱいも出ません。
周りには誰もいません。
理由はわからないけどみんなたぶん戦いに出ています。
この子を守らないと、絶対守る。

そして次の場面では
目の前にお墓があります。赤ちゃんは長くは生きられませんでした。
貧しかったから。見たくない。
涙がとめどなく流れ本当に苦しそうでした。
何もかも失い、生きる気力を無くしたみつさんは、
その場でのたれ死んだようです。

そして、Yさんは、あまりにも辛くなってしまい
場面をご自分で切り替え
たどりついた先は、
とても幸せだったヨーロッパでの過去世でした。

催眠状態では
「胸が苦しくなるほど辛い」
「この上ないほどのの喜び」
「とめどなく涙が流れるほど悲しい」などとても感情がダイレクトになります。
とても感受性豊かに感じていたセッション。
素晴らしいのは、日常生活に戻ってからの彼女の受け取り方。
半年ほどしたある日、メールを頂きましたので
そのまま転載します。

あれから凄い変化がありました
子供を失った前世を再体験したせいか、それを思う度、
子供関連のニュース話を聞く度、胸が痛くて痛くて
実際本当に痛かったんです
この痛みをどうしたらいいのか、ずっと考えてました
また、あたしは元々、子供達に対しかなり心配症で、
過去の子供を失った事が心配症に影響してるのでは?と思えても来たんです
あんな辛い思い、二度としたくないよねぇ…
そりゃ心配症にもなるわって
で、その日も考えていたら、閃いたんです
と、言うか降って来たんです

過去は自分の悲しみばかりで子供の幸せを願って無かった
自分が辛くて辛くて、辛さから逃げたくて、心が壊れてしまった
体は生きていても心は死んでたんです
そうじゃなく、あの子が居た時間は確かにあったし、
今離れたとしても愛して幸せを願っていいんだ
だから、みつちゃんと一緒に
「あなたが居てくれた時間は本当に幸せだった、
ありがとう今は離れているけど、何処かに居るあなたが幸せであるように…」って祈りました
そしたら、無表情だった、みつちゃんは泣き笑いしたんです

それ以来、痛みは出ません
しかもヒプノの最後のメッセージ
生き抜くこと
子供を愛して
愛を知ること
まさにこの事かぁ~とビックリしました

確かに、みつちゃんは悲しみに埋もれて生きる事は放棄してたし、
自分の悲しみばかりで離れた子供の事は想ってなかったと思うんです
本当に愛なんだなぁ~って思います
時間や空間は、縦でも横でも無く、全て愛で全て今ここにあるんだな…と感じます
人を想い、願うことは状況が180度変わる事なんですね
また今度、ゆっくりお話したいです
長々と、すみません—

この時代、この場所、親、家族、出会う人を選んできた意味。
あのメッセージはYさんの使命、天命なのでしょう。
「生き抜くこと、子供を愛して、愛を知ること」
この日本において、
Yさんの役割はますます大きくなって行くでしょう。

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202