私のヒプノ体験談 その4 「原発問題にざわざわする理由!」

紫紋のヒプノセラピー体験談前世療法

まだ駆け出しだったころ。
グループワークを受講して体感した前世について
お伝えします。

私のヒプノ体験 その4「原発問題にざわざわする理由」

私は、どうやら
インド人女性だったときに
子供を亡くしているようです。
赤いサリーを着た、背の高い、はだしの足がとても大きな
茶色い肌の30歳くらいの女性。

資源を掘り起こして流れ出た物質により
水や土壌が汚染された村に住み、子供を育てています。
旦那さんのイメージがわかないのは、そこで作業をしていて家にいないのか
そのせいで死んだのか。
とにかく無力感。

娘は、障害を持って産まれてきたみたい。
でも、子供の笑顔は天真爛漫で、可愛い。
自分の町では死産や奇形の子は多い。大人たちも変な病に苦しんでいます。
隣町の市場に連れて行くと、特異な目で見られる。
無力感の中で沸き立つ怒り。
「子供達の未来を返せ」
—-
原発への激しいほどの感情は、ここから来ていたのかもしれない。
そして
亡くなったり、障害を持つ子達は、
学ぶために、
学びを完了せるために
私たちに大切なことは何かを伝えるために
わざわざ自分からこの環境や境遇を選んだ
とても精神レベルが上の人たちだと気付きました。
だからといって決して
子供の未来が失われることが良いことではない。

ヒプノ後すぐは、まだこのメッセージがふわふわして
自分の周りを漂っている感じ。
でもそれから
同じ状況でも見方が変わりました。
見方が変わると行動を変わる。
だから今、出来るだけフラットに考え、行動しよう
そんなことを考えさせられるセッションでした。

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202