私のヒプノ体験談 その3 「メッセージを伝える意味」

紫紋のヒプノセラピー体験談前世療法

わたしがまだ講座に通っている時に感じた過去世の体験をつづります。
講座では、クライアント役、セラピスト役、オブザーバー役に別れてセッションします。
私も、幸せな過去世、霊能力に優れた過去世、
作家だった頃の過去世、ハイヤーセルフなど
いろいろ感じることができました。その一つをご紹介します。

私のヒプノ体験談 その3「メッセージを伝える意味」

催眠に入ると
真っ暗でとても寂しい雰囲気。
大きなお屋敷のような家、ヨーロッパのどこかの国の
そんなに古くない時代、私は思春期の男の子。
私は生まれつき霊能力が強く
人が見えないものを見、感じないものを伝えるせいで
気味悪がられ、変な目で見られて育ちました。

今日は、親戚やみんなが集まるお祝いの日
自分は部屋の中に一人閉じこもり
下の階で集まる人の話のエネルギーにすっかりやられていました。
みんなが自分を悪く言っているように感じたからです。

霊たちが、
生きている人にメッセージを伝えるよう、夜が深まると私の元に集まってくる。
でも自分はそんなことをしたくない。
もう、変な目で見られたくない。
悪口を言われたくない。
両親も、親戚も友達も周りの人は自分を気味悪がる。
霊たちも、自分を怖がらせ、驚かせ、そのくせ無理な頼みごとをしてくる

もう、我慢できない。
生きている意味などない。
まるで何かに復讐するように、
まだ若い私は、自死をしました。
家族の暖かさは感じられず
とにかく、自分がいやで仕方なく簡単に逃げ出した、短い人生でした。
この世を終えると楽になりました。

そして
魂の世界に行くと
様々なメッセージを受け取りました。
---
この人生で気付いたこと
人の悪口を言ってはいけない。人を否定してはいけない
何をしたかったのか
自分らしく生きたかった
その人生で成し遂げたかったこと
メッセージをちゃんと伝えたかった
自立できなかった。自分で考えることが出来なかった。
ではその課題はいつするのか
この人生で、今から出来る。全てが正しい
なぜ今、この前世を選んで再体験したのか?
自信を持って いつも後押ししている
心配することはない
いつもメッセージは降りてきているから、それを伝えることをしてほしいから。
今の人生とのかかわり
自信を付けるため
ブロックをはずすため
今度はうまくやれる
自分を信じなさい
残された時間はあまりない。もっと自分を信じて、
早く必要な人に必要なメッセージを伝えなさい
今していることに繋がるから、そのままで良い。やりたいと思うことをやりなさい
愛情の形は人それぞれ

---
催眠から目覚めて最初の言葉は「うそ~」でした。
過去のワタシに霊能力があったなんて、信じられなかったから。
でも、ヒプノセラピストになった意味に気付きました。
前世では、伝えることが出来なかったから。
愛や許しのメッセージを伝えることが。
若くて霊能力の溢れた少年は、身を滅ぼしてしまった。
だから、今私は女として、様々な経験を通して強くなった
この年になってやっと
形を変えて、メッセージを伝える役目になった。
すぐではないのだけど、
こころの奥から湧き上がるように意味に気付きました。

今では、このメッセージを支えに
いつもこの少年に導かれ、エネルギーをもらいながらセッションさせていただくことに喜びを感じています。
セッションであなたなりの意味が見つかるかもしれません。

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202