私のヒプノ体験談34号「大切にされない怒り 1/2」

紫紋のヒプノセラピー体験談今世の使命・役割, インナーチャイルド, 胎児期退行, バーストラウマ, 生き辛さの悩み

◆ わたしが最近受けたヒプノセラピーの体験談を
2018年末と、2019年はじめにかけてご紹介します。

しもんの話などどうでも良いって方は、
秒でスルーしてくださいね☆

さて、わたしといえば幼い頃から根暗で自分大嫌い。

それはもう生き辛く、勝手な思い込みの中で
波乱万丈な人生を歩んできました。

でも、ヒプノに出会って、
潜在意識下での誤った信念を外す中で
自分らしさを取り戻し、生きやすくなり

セラピストとして今は、楽しく過ごさせていただいています。

あほで辛い過去も、今はセラピストとしての
共感や癒しとして役に立っていますので
過去のすべては必要・必然だと感じますが

それでもいまだに、
誤った思い込みや信念が

ある日ひょっこり現れて

人生を歪めてしまう事があります。
それはもう突然に。反射的に。

ごく最近もありました。

ある出来事から、カチン!っと怒って
人間関係を壊してしまったことが(汗)

思い返すと、最近だけではなく

病気で倒れた時も
5年前も、
10年前のあの時も・・。

似たシチュエーション。
相手や出来事が変わっても。

同じ反応をしていたことに気づきました。

その思い込み、反応とは
「大切にされていないと感じると怒りが出る」ということ。

怒りの攻撃は、自分だったり、相手だったり。

「大切にされない怒り」は
人間関係を壊し、人生を歪めていました。

わたしは催眠療法士なので、
セルフヒプノは得意。

でも自分でその原因を探ろうとしても
防衛本能なのか、

深い部分は煙に巻かれたようで
混乱して見えなくなっていました。

で、思い切ってヒプノを受けることに。

直感では、この思い込みが変わるとわたしの人生がガラッと変わる。

大事なヒプノだからこそ、信頼している関東のセラピストの
藤原万梨子さん(まりちゃん)にセッションをお願いしました。

了解の上で2回に分けてご紹介しますね。

私のヒプノ体験談34号「大切にされない怒り」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。ご意見、お問合せはコチラまで

~~~~~

穏やかな誘導により、催眠状態に入っていくと
すぐに赤ちゃんのイメージが浮かんできました。

ふくよかで、かわいらしく手足を動かす、
赤ちゃんのわたし。

おとなしくしていて、機嫌よさそうだけど
でも心の中は怒りでいっぱいです。

「赤ちゃんのわたしは、
こんなにも愛らしい。
小さくて、無邪気で凄く可愛いよね。

でも誰も見てくれない!
愛してくれない!
大事にしてくれない!
みんなひどいよ!!」

小さな身体は震えます。

でもわたしは声も上げず泣きもせず
ただじっと我慢しています。


理由がありました。

わたしはお母さんのお腹の中にいた時に
決めたことがあったのです。

家族でお店を経営しているから

みんながいつも忙しくしてて
田舎出身のお母さんは、
義理の祖父母や仕事に馴染めなくてすごく我慢していて

その姿を見て

「私は迷惑がかからないように
大人しくして
泣かないでいい子でいよう」と

でも、本当は赤ちゃんの私は
愛がほしくて、
もらえなくて
満たされなくて
内心では怒っていたのです。

大人になったわたしが普段から感じている
「大事にされないと怒る」の原因はココでした。

なぞが解けました。

でもそもそもわたしが勝手に決めて
我慢していただけのこと。

わかった以上は、潜在意識下ので過去の書き換え。

イメージ下で、
赤ちゃんのわたしは沢山泣くことにしました。

大声で叫ぶように。
本当の気持ちをそのままに。

「わたしはココにいるよ!
みんな私を見て!
わたしを構って!
わたしを抱きしめて!!」

大きな泣き声は、
お店で働いているお母さんに届きました。

「ごめんね~。」

お母さんが駆けつけてくれて
抱っこしてくれました。

お母さんは笑顔です。

「気づかなくてごめんね。いっぱい泣いてるね。
お腹すいた?おしめが濡れたの?」

赤ちゃんのわたしを思って声をかけてくれました。

お母さんが笑顔だから
お姉ちゃんも、お兄ちゃんも笑顔です。

沢山あやしてくれました。

泣き止んだわたしをお母さんは、
お客さんでいっぱいのお店に連れて行ってくれました。

お店では、酔っ払ったみんなが
わたしの登場を喜んでくれています。

「赤ちゃん可愛いね~」

代わる代わる抱っこしてくれて
タバコくさくて、お酒臭くて

でも、わたしが居るだけで、みんなが笑顔です。
みんなが喜んでくれています。

さらに
休みなく働いて忙しかった両親に
神様が一日だけ、
自由な時間をプレゼントしてくれました。

夢のような大事な時間。

家族みんなで
ピクニックに来ました。

日差しが優しい春の日。

広い草原の上で、お兄ちゃん、お姉ちゃんはケラケラと笑い
走り回っています。

お父さんとお母さんは、
レジャーシートの上でくつろいでいます。

赤ちゃんのわたしはお父さんのおひざの上で、
ピョンピョンと喜んでいます。

お母さんは食べきれないほどの沢山の弁当を作っていて
家族みんなで食べます。

手を伸ばすと、わたしに取ってくれます。
わたしがみんなの中心。
みんながわたしを見て喜んでいます。

みんな笑顔。
わたしはこの家族が大好き。
わたしはみんなの笑顔が大好き。

~~~~~

この後・・

わたしが
このお家に生まれてきた理由がふっと浮かんできました。

お母さんのお腹に入った理由。
お空に居た時の記憶。

ああ、そうだったのですね♪

それは次回。
私のヒプノ体験談35号「大切にされない怒り 2/2」

でご紹介します。

今年も本当にお世話になりました。
どうか良い2019年をお迎えくださいませ。

あなたの心にはどう感じましたか?
シモンヒプノセラピー 紫紋 かつ恵

~~~~~

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック

Posted by shimon1202