体験談254号「新事業への不安を解消したい その1」

ヒプノセラピー体験談インナーチャイルド, 今世の使命・役割, 胎児期退行

◆ 新事業を始めるところです。でも本当にやりたかったことなのか
わからなくなってしまいました。こんな状態で進めていいのか・・

家族や、人生を大切に生きようして
人生のターニングポイントを迎えた時

悩み、迷い、思考も行動も止まったと感じて
ご来談いただいた男性のクライアント様。

誰しも変化の時に不安を感じるのは当然かもしれません。

成功するかどうかは、わからない。
色んな要素が絡み合い、行動の結果でもある。

でも進まなければ見えない、たどり着けない世界がある。
夢の実現を「不安」で止めてしまってはもったいない。

このクライアントさまは、
過去を知り、癒し、さらには
未来のビジョンをたどる必要があったようです。

2回に分けてお届けします。

今回は、幼少期と胎児期

次回は、前世退行とハイヤーセルフからのメッセージにまで進みました

今回は、インナーチャイルドの癒し、
お母さんのおなかの中の感覚までを

お伝えします。

relgf01a201407090200.jpg

ヒプノセラピー体験談 その254号「新事業への不安を解消したい その1」

※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。ご意見、お問合せはコチラまで


潜在意識に入って感じた「おかながキューッとなる」という感覚。

そこ過去を知るべく、退行を進めると・・・

高校生の自分。
教室の窓から一人、校庭を眺めています。

ダンス部が練習をしています。
楽しそうな様子を見ているのが好きです。
でも少し寂しい気分。

この高校生の時に特別な「何か」があったわけではないようです。
でも確かに感じる

「キューッとなる」感覚。

その原因をたどると
さらに、小学校一年のころに戻りました。

学校から帰ると「危ないから」と
外に出てはいけないルール。

お母さんが仕事から帰ってくるまで、
いつも一人でブロックで遊んでいます。

大好きなお父さんやお母さんに迷惑をかけちゃいけないと
本当の気持ちを隠しています。

「キューッとなる」感覚。

それをイメージの中で
お家に帰ってきたお母さんに伝えます。

「本当はいつも一人で寂しいんだ。
そばにいてほしい
お母さん大好き。」

お母さんは、普段はおとなしい息子の言葉に驚いたようです。

「そんな気持ち思っていたなんて・・」

お母さんに抱きしめられる感覚は居心地が良く、いい気分です。
胸がのびのびして、暖かいエネルギーで満たされる感覚。

そのまま、お母さんのおなかの中にいた
懐かしい記憶までたどりました。

胎児期4か月・・

ここはとても暖かいところです。
お母さんが幸せそうな顔をしている。

お父さんも笑顔です。

2人の話し合う声が聞こえます。

「子供ができるから頑張らないと。
この子は自由に育ってほしい。」

嬉しい気分です。
大事に思ってくれて。愛を感じます。

~~~~~

お母さんのおなかの中で、
自由な感覚を体感で感じられたクライアントさん・・・

うっすら涙を流されながら、
その喜びを十分感じていらっしゃいました。

その後は、前世へと。

心を殺して闇の世界で生きる男性の生きざまを
ありありと感じていらっしゃいましたよ。

これからの人生の道しるべのような、退行催眠
潜在意識からのメッセージ。

次回に続きます。

出会いに感謝しています。

あなたの心にはどう感じましたか?

シモン☆ヒプノセラピー 紫紋 かつ恵

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202