体験談159号「前世でやり残したこと」

ヒプノセラピー体験談前世療法

◆ クラニオ気功整体の真善美先生へのセッションを
ご本人の了承を得て、掲載させていただきます(^^)

この方は、もとは中学の英語の先生、
みずからの難病を治す為に様々な手法を渡り歩く後に
今の施術方法を編み出された方。
独特の感性が、とっても面白いのですが
施術方法がはやりハードであるがために
悩みも多くお持ちです。
一生懸命であるがこその悩み。

今回は、インナーチャイルドを癒した後に
前世に辿りつかれていました(^^)
monoc3a5407dd7a59c28ca918690dffe9f56_0.jpg
ヒプノセラピー体験談 その159「前世でやり残したこと」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


ここは日本の海岸。
わたしは青い着物を着た、町医者です。

海に流れ着いた水死体を、隠れたところで2人で解体しています。
「人体の仕組みをもっと知りたい」
でも、見つかったら罰せられます。
捕まることが怖いのだけど、
自分の患者が薬でも治らないことが、
もどかして仕方がない。
体の研究欲求が、怖れに勝っています。

時々、外国から船で来る外国人は知っているようだけど
言葉がわからないから、細かいところまで通じ合えない
だから、こうして水死体を解体して、
人体の仕組みを探求しているのです。

ある時、怪しまれて、あとを付けられ
とうとう捕らえられてしまいました。
砂浜の裁き所で、正座の足に石を乗せられ、
何度も叩かれています。

「しかし、やらなければわからないではないか
この人達は全然わかってはくれない
体を知らなければ、判らないのだ・・」

その後も繰り返し・・
2度目に見つかった時には、さらし首になり
わたしは命を落としました。
もうちょっとで判ったはず・・・。
——-

セッション後感じたことは
今との共通点。
前世は医者として、今世は気功の施術家として
人を健康にするために
人体の仕組みや病気を知りたかったこと。
そして、不完全燃焼であることに
気づかれていらっしゃいました。

その時には言葉が通じなかったから
今は外国語に興味を持って、
先生をやっていらっしゃるのでしょうね。

前世では理解できずに、でも今はわかること。
今世では恐れがあるけれど、前世は勇気を持っていたこと
・・多方面から見比べることで
魂レベルでのの気付きが生まれたご様子(^^)
探求はまだまだ続きそうですね~☆

あなたらしい幸せな人生を歩まれることを
心から願っています(*^。^*)
あなたの心にはどう響きましたか?
シモン☆ヒプノセラピー 紫紋 かつ恵

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202