体験談129号 「男らしい人生と、女らしい人生その①」

ヒプノセラピー体験談前世療法

◆ 「仕事を続けていく意味」で悩んでお越しいただいたこの方。
お話を伺うと、男性ばかりの会社で、
いわゆる理系の仕事をされている「りけじょ」さん。
でもお堅いイメージは一切なく
とても明るくて笑顔がステキな可愛い女性。
すぐにいいところを見つけて、
褒め言葉が出てくるのも好感が持てる方です。

そんな彼女ですが、
現在抱えている仕事の責任・重圧が大きく
男性社会でのどろどろとした部分も見えてしまい
行き詰まりを感じているとのこと

深くうかがうと、将来は
「女性の社会進出に貢献したい」とのこと
お!将来が楽しみだ。
しっかりと心を見つめていきましたよ。
インナーチャイルドを感じて・・
そして出てきたのは、2つの前世。
今日はまず1つ目、男性の前世をお伝えしますね。
ローマ画像
ヒプノセラピー体験談 その129 「男らしい人生と、女らしい人生その①」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


布のようなものをまとった。40代の男性です。
私はカエサルのような骨格のいい男性です。
毛深くて、巻き毛で、大柄です。
ここはローマかな?
空は晴れて、風が吹いています。
丘の上に立って、戦場を見守っています。
「うまく行きそうだ」
この土地が自分のものになる事に、ワクワクしています。

その後、テントの中でブレーンたちと作戦を立てます。
「やってやるぞ」という思いです。
その後、みんなと横に並んでお酒を飲みます。
国を大きくすることが、楽しくて仕方がないと思っています

家族は故郷に、妻と子供が居ます。
妻は細身の気の弱そうなきれいな人です
・・現世では、仲ののいい友達です
子供は、無邪気な男の子
・・この子は今の彼です
戦とか国を大きくする事に夢中で
家庭は気持ちの中になく、形式的です。

もっと年を重ねて50歳。
荒廃した大地に1人で立ち、絶望を感じています。
仲間はみんな死にました。
作戦ミスです。戦いに負けたのです。
大地に手を付き、四つんばいで泣いています。
「みんな死なせてしまった、何で自分は生きているのか・・」

そのまま、杖を突き、死んだ仲間を供養するために
放浪して回ります。
人の世のはかなさを感じ、
祈りを唱えながら、土地を回っていくのです。
1人、僧侶のようないでたちで
何も考えない、やりべきことをやっている気分
——-

この人生は、男らしさ満載ですね。
戦とお酒・勝つ事や奪う事に明け暮れ
夢破れ、大切な仲間が亡くなって
放浪して懺悔の旅に出る人生
やっぱり家族の事は頭になくてね~(^^;

クライアントさんとは全然違ったイメージです。

さ、後ひとつの前世はどちらかと言うと
「女性」「母性」でした。
続きは(11/10)の配信です。お楽しみに~

どうかあなたらしい人生を歩まれる事を願っています。
あなたの心にはどう響きましたか?
シモン☆ヒプノセラピー 紫紋 かつ恵

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202