セッション体験談 その36「火炙りの記憶」

ヒプノセラピー体験談前世療法

セッション中、へ~!っておもう事は結構あります
その多くは、死の捉え方。
残酷な死に方をすると
恨みや妬み、悲しみ、痛みなどの感情が残って
さぞ辛いんだろうな~って思ってしまうのですが
やはり決め付けてはいけませんね。

photo.jpg
ヒプノセラピー体験談 その36「火炙りの記憶」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして、私の判断、表現法、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


ドイツにいます。ビュルツブルグ・・
私は女です。白い服を着て・・・
私は審判にかけられています。

私は森に住む、主婦でした。
村人のためにハーブを煎じて渡していました。
それに目を付けられたのです。
怪しまれたけど、私は変な力は持っていません。
占星術や薬草で人を癒したり導いたりして
囲まれていたので、妬まれたようです

私は密告され、魔女の疑いをかけられ
拷問され、
今は、教会の神父・・棒を持っていて白いひげの人に
審判にかけられています
みんなが無実を訴えてくれています
でももう遅い。
周りに人だかりが出来ています。
みんな泣いてくれています
その中に娘がいます。
私のせいで辛い人生を歩むことが悲しい

石畳の町並み、
薪を積まれた柱の前にいます。
私はここで火炙りになります
空は晴天です。

やっと自由になれます。
いい人生でした。
みんなちゃんと分かってくれている。
それだけで、幸せを感じています。
時代が早すぎました。
みんなが私を頼って、
困っている人を見ると助けたくて、
断れなくて
それで家族に迷惑をかけてしまいました。
もっと大切にすればよかった

ああ・・娘の将来が見えます
いい娘に育っています
娘は、今のお父さんです
—-
今の時代だったら
漢方とかフラワーエッセンスとか
アロマとか
占いだってとても一般的なのだけど
ずっと昔は魔女の疑いをかけられて
拷問や火炙りにかけられるなんてこともあったようですね~。

このセッションにより、クライアントさんが
一歩でも
いやいや大きく前に踏み出せますよう
介護という人と関わる大切なお仕事
そしてその先
あなたの未来が
いつも輝かしく愛にあふれたものでありますよう

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202