セッション体験談 その30 「みつけなくてはならないもの」

ヒプノセラピー体験談前世療法

人生は一度きりなのだけど
何度躓いても、何度失敗しても
ぼろぼろになっても、何もかも亡くしても
何度でも、いくつになっても
自分の足で立って生き抜くと決めた時、
その行動を起こす時
やり直しができるって信じています。

やり直すとは、
貴方らしく覚悟をもって、自分の人生を歩むという事。
だから、間違っていても大丈夫。
また歩き出せばいいから。

セッション体験談 その30 「みつけなくてはならないもの」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして、私の判断、表現法、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


森の中にいます。
作業着を着ている30代の男性

少し辛そうな顔
歩き続けています。
ずっと遠くの山まで一人で歩きます。
その先に「みつけなくてはならないもの」がある
この森は苔で被われていて、光が届かない
山の先で、それをみつけることが出来たら・・
とても嬉しいです。
だって、他では手に入らないものだからです。
手に入れるのは大変です。
でもそれは何かは、今は分かりません。

沢に出ました。
心地の良い場所です。空気が澄んで気持ち良い
近くの石に座ります。
とても気分が満たされていて
回りも自分のすべき事に集中しているイメージです
・・・理想の環境です。

山をひたすら歩き、登っていくと
ようやくたどり着きました!
ここが「みつけなくてはならないもの」がある場所です。
大きな木が立っています
とても嬉しい気持ち・・

根元に何かが埋まっています!
掘り返すと・・・
「古ぼけた缶と、中にさび付いた金属が入っています」
だまされた。
自分には身に覚えがないものです
どこかで間違えたんだ
----
そこから場面をいくつか変えると
学術書を読んでいるイメージが浮かびました。
いろいろな事を知る事が出来るその本を
とても楽しく読んでいる自分・・・
若いその方の潜在意識は
何かを知らせるために
そのイメージを感じさせた様な気がします。

「自分のすべき事を
自分の意思で選んで行け」
そんなメッセージを受け取っていました。

一生懸命辿りつた先には
「みつけなければならないもの」がなかったのかもしれない
でも、それは本当に
みつけなければならないものだった?
そこにはないって知らなかったのかも?
それとも実はもうみつけてるのかもね
見えていないだけで・・
ありがとうございました

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202