セッション体験談 その27 「悔いなく生きることを知る」

ヒプノセラピー体験談前世療法

セッション中、ひとつの前世を
子供の時から死に行くまでの人生を
ガッツリと感じる方もいれば
前世の人生の一場面を、それこそいくつも
感じる方もいらっしゃいます。

そういう方は、国や性別、年齢、時代背景も違う
前世を垣間見る事となるのですが
まったく違うそのイメージから
今に繋がる何かを感じたり
多くの人生を知る事によって癒される何かがあったり
すぐには意味は分からないかもしれないけど。

セッション体験談 その27 「悔いなく生きることを知る」

※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして、私の判断、表現法、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。 ご意見、お問合せはコチラまで


教会にいます。
先ののとがった靴を履いて、帽子とマント
ふわっとまとった白い服。
白髪まじりの髪で、ふくよかな体つき
私は白人です。

ここは大きな教会です。
かまぼこ型で、ステンドグラスに光が当たり
とても明るい。
私はここの牧師のようです。
普段はミサや説法をして教えを説いています。
今は一人、ひたすら祈っています。
教会の外が混沌としていて、食べられない人もいるからです。
戦争が続いています。
だから私は、みんなが安心して暮らせるよう、平和を祈っています。

・・・私は殺されます。
政府や権力者とは違う事を伝えたからからです。
私は思うがままに、信念を貫いて
疎まれ、反逆者とされ
のどの左側をやりで刺されて殺されました。

暖かい人生だった。
一瞬一瞬、自分の信念に従って生きたから
死ぬ事になっても、後悔しなかった。
あなたは(今世の自分に向けてのメッセージ)
いつも笑顔で、明るい面を見ていきなさい。
傷ついても、それでも人を愛するのです。
幸せになる事を遠慮している
人を愛すると同様に、自分も愛しなさい。

そして場面を変えると
海辺でぼろぼろの服をまといっている、黒人の男の子だった時の
過去世にたどり着きました。

家族はいません、天涯孤独の身です。
魚市場の仕事をしていますが、
働いても働いても楽にはなりません。
途方にくれています。

場面を変えると、
綺麗なスーツを着て、カジノで働いています。
来る人のお金を取ってやろうって思っています。
今はお金に困ってはいないけど・・・空しい。
まっとうではない仕事だから。
人をだましてお金を取っていると思っているからです。

年を取り、45歳になりました。
アパートの部屋に一人でいます。
ココは、狭くて、暗くて、寒い。
一人でお酒を飲んでいます。
夢も希望もない生活。
カジノが摘発されて、
お金も仕事もなくなり
生きることに対してのエネルギーも無くなり
毎日、ただ生きています。

・・・その人生では、酔ってアパートの階段から転げ落ちて
そのまま亡くなって、生涯を終えました。

孤独な人生だった。
幸せになれないことを人のせいにしていたけど
自分にとっての幸せは何か、分かっていなかった。
あなたは、自分の人生を自分で切り開き
自分の枠を取り払って生きてほしい。

あなたは愛されていますよ。
そのままのあなたで十分。

自分を信頼しなさい。
そう信じる心が、枠を取り払うのですよ。
---
まったく違う生き方
はじめは、平和を願い、信念を貫いて
最後は殺されることになっても
「暖かい人生」と感じていて

もうひとつは、愛や幸せを感じる事がなく
自暴自棄だった
「孤独な人生」

私たち誰しも今のこの人生は一度だけ。
この人生で
何を思い、何を大切にし
どう生きて、何を残したいのか
どう在りたいのか。
私たち一人一人が、決めて
行動する事が出来るのだと思います。

この一瞬を自分の信念に従って生きよう
悔い無きよう・・・
そう思えたセッションでした
ありがとうございます。

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202