セッション体験談 その24「安らかな死に方」

ヒプノセラピー体験談前世療法

死を怖がるのって、本能だから仕方ないし
やはりどんな状況でも行きぬくことは
とても大切なのだと思うけど

現実の方が恐怖だったその少女には
死ぬ事は待ち望んでいた事なのかもしれなくて

私自身「死」に対するイメージが変わったセッションでした。

セッション体験談 その24「安らかな死に方」

※全てのセッション体験談は、セッション後のアンケートにおいてクライアントとの同意の上で文章化しています。
そして、私の判断、表現法、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。 ご意見、お問合せはコチラまで


すごく暗い場所にいます。
ここは井戸?自分のハダシの足が見えて・・

吊るされているようです。
でも全然怖くはありません。

なぜ吊るされる事になったのか
時間を戻すことにしました。

そうすると・・・
窓の外から、誰かの家の中をのぞいています。

中には裕福そうなおじさん、おばさんがいます
暖炉に明りが灯りとても暖かそう。

自分は、15才くらいの
髪が長くて、茶色い女の子。

気分はすごく悲しくて、
その家庭をうらやましそうに眺めています。
私は捨てられて家族が一人もいないから。

あ!警官に捕まりました。
何度も何度も殴られます。

ぬいぐるみを盗んだって言われて
ただ、庭に落ちていただけなのに・・・

誰も助けてくれなくて
その暖かい家族のひとたちも
殴られながら、
早く殺してほしいと思っています。

自分なんていなくていいって思っています。
守ってくれる人もいないから。

そのまま警官に連れて行かれて
雪の中、井戸に吊るされ
しばらくすると息絶えたようです。

「よかった、やっと死ぬことができる」
---
その後
少女の事を
現世の自分が抱きしめる
イメージをしていきました

現世の自分は、
少女の気持ちを一番良く理解している存在。

だって、過去世の自分だから。

彼女の憤りも孤独も、悲しみも
全部抱きしめて
ひとつになると
もうその少女は一人ぼっちじゃない。

いつでも現世の自分と一緒にいる。

その感覚は
実は今の自分も感じることが出来て
「一人じゃない」って安心感が生まれてきます。

それを知らせたくて出てきてくれたのかな。
ありがとうございました。
あ、その後の報告お待ちしてますね(*^^*)

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202