セッション体験談 その5 「パーフェクトな人生」

ヒプノセラピー体験談前世療法

クライアントさんとのセッションの様子をまとめていきます。
ストレートで本音の人生を楽しく生きたいと面談の際に話していたその女性。

 

セッション体験談 その5「パーフェクトな人生」

※全てのセッション体験談は、セッション後のアンケートにおいてクライアントとの同意の上で文章化しています。
そして、私の判断、表現法、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。 ご意見、お問合せはコチラまで

たどり着いた先では
巻き髪で美形の12歳くらいの男の子だったようです。
ココは北欧です。1000年位前。庭園に咲く白や緑のバラが美しい。
白い石で出来ているお屋敷に住んでいます。
自分は街の有力者の息子です。

家には重そうな扉、赤いじゅうたん。絵や鎧がある。
毎日教育を受けて、家族とは一緒にいる時間が少なく寂しい印象です。
ただ一人、年の離れた姉だけは自分のことを大切にしてくれます。

姉が結婚します。
国の繁栄のために、見たことのない相手の所に嫁ぎ、
そして、暴力的なその夫のもと、程なく孤独に病死しました。

ここで実際には出来なかった、
死ぬ前に姉と話をするイメージの誘導を行いました。

姉はしきりに、「大丈夫、自分の人生を謳歌してください。」と話しています。
私は、「心の寂しさは同じです。」と伝えました。
そして助ける事が出来ないことを謝ると、姉はほほえんで許してくれました。
胸のつかえが取れました。

その人生でもっと年齢を重ねます。
自然の中の山小屋にいます。48歳。田舎ののどかな風景
妻と子供が2人。
ゆっくりと穏やかな生活。
奥さんのは不安は見当たりません。
感謝していて何も不自由がない、とてもいい関係。

姉が悲劇的な死を迎えてから、
自分は地位もお金も捨て田舎の山小屋で暮らす事にしました。
両親も国も失った今、とても満たされて幸せです。
素朴な暮らしの中に、満たされた暖かさがあります。
孤独も寂しさもなく
自分の求めていたもの、姉の求めていたものがこの暮らしの中にあります。

62歳。
家のベットにいます。
もはや体が動かなくなりました。苦しさと穏やかさの中で
傍らに妻や子供、孫達にかこまれて、幸せに死んでいきました。

中間世で、この人生での学びを感じ取りました。
姉の死は残念だったけど、それもひとつの経験である。
苦しさも充実感も、全ては経験であり、必要のないものは何もない。ただ、経験だけが残った。
全ては完璧である。
どんな人生であっても大成功。
過去世では自分で決断し、全てをなげうって自分の求めるものを手に入れた。
今世はその逆、人のことを気にして自分で決断していない。
その時、被害者が出たことで怖れているにすぎない。
過去には決断力があった。何も怖れる事はない。
私はあなた、あなたは私、常に私はあなたの経験という形でここにいる。
気にする必要はない。
不安に思った時、だだ思い出せばいい。
私の人生がパーフェクトだったようにあなたの人生もパーフェクト。
全ては経験です。
あなたの人生を謳歌してください。
—–
スピリチュアルな考え方の彼女は
セッション中にも納得して、メッセージをうまく掴み取っているようでした。
全ての人生が「パーフェクト」
私たちの人生も、みんなそれぞれがパーフェクトなのですよね。

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202