私のヒプノ体験 その5 「作家の時の過去世」

紫紋のヒプノセラピー体験談前世療法

また自分が受けたセッションのまとめ。
養成講座を受けているときに受けたセッションをつづりました。

 

私のヒプノ体験 その6「作家の時の過去世」

どこに行くのかは潜在意識にお任せして・・
誘導中、一瞬寝てしまったようで
はっと気を取り戻し
辿り着いた時には、前世への扉の入り口。

切り立った丘にいました。
緑がきれいで、青空がとても澄んで美しい。
湖から来る風がひんやりして心地よい。
私は一人。
白い綿の服を着た、やせて背が高い若い女性。
白人で、きれいな顔をしていたけど
化粧はしていない。

心の奥に寂しさを感じた時、独りになりたくて
時々ここに来ていました。

妹を、落馬事故で亡くしていました。
年の離れた可愛い妹、まだ8歳だった。
そこから、妹と一緒にすごした時に戻しました。

妹はふわふわの栗毛が優しく肩のにかかり
白いワンピースを着ています。
あどけなく、ほほの柔らかさがとても可愛い。
利口でとても仲がよく
深い茶色の木の丸いテーブルで
二人で「物語」を書いて遊んでいたようです。
突然、妹が「忘れているよ」と言って
廊下を歩いていきます。

笑顔で誘ったその先には、扉があり
つづらのような藤の箱を指差します。
箱の中には
たくさんの物語。一緒にいつも書いていた本。
妹を亡くした悲しみが辛くて
いつしか記憶の底にしまいこんでいた、大切な二人の思い出。
「ありがとう!」妹を抱きしめ
昔のあの日のように、楽しい時間をすごしました。

過去世でも、その人生での過去の記憶に戻り
確かなものをつかんでいました。

そこから場面を変えると
カフェでいつも物語を書いている30代の自分。
ファンタジーを、何冊も並行して書いて生計を立てています。
タバコとコーヒーとペンと分厚い原稿。
周りはそっとしておいてくれます。
傍らには優しくて背の高い青年がいます。
私をいつも見守ってくれている大切な友達、
でも友達でしかない。
とても楽しく、ただただ書いているそんなイメージ。

そしてその人生でもメッセージは
書いていくと言うこと
イメージはちゃんとわいてくる
もう、その時が来ている。
-----
ものを書く時、その過去世が私にイマジネーションをくれます。
そして彼女を思い、わたしも原動力にして書いています。
有名な作家になった彼女に恥じないよう
書き続け、磨き続け、
伝え続けることも私の使命だから。

突如出てきた、その男の子。
現世で同僚なのですが
セッションを受けた当時は顔を知っていた程度で、
何で出てきたの?と思ったけど
月日がたち、今はこの過去世と同じような立ち居地で存在しているので
ビックリします。
袖振り合うも他生の縁。
そんなものなのですよね

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202