私のヒプノ体験談 その1 「罪悪感の原因」

紫紋のヒプノセラピー体験談前世療法

私のヒプノセラピー体験をつづっていきます。
なぜヒプノを受けることになったのかは、
雑記ブログやHPにさんざん書いたので割愛しました。

私のヒプノ体験 その1「罪悪感の原因」

催眠状態で最初に感じた(私は見えるタイプではありません)のは
広い丘の上の、草の香のする風が吹く寂しい広い場所。

私は茶色いブーツを履いて、
軍服を着ていました。

少しづつ、出来上がってくるイメージの中で、
私は彫りの深い40歳くらいの男性、
どうやら戦争は末期に近づき、
情勢は混乱しているようでした。
当時、私は直接手を下していなかったのですが、
強制収容所でたくさんの人を殺していたようです。

家族は天真爛漫な若い妻と、3人の小さな子供たち。
私はみんなをとても愛していました。
生活を、家族を守るため
与えられた仕事を全うするまじめな役人で、
無口な気の小さな人でした。
心では本当に苦しんでいました。
こんな仕事をしたくはなかった。
たくさんの人を殺している自分を責めていました。

場面を変えると、病室。
私は病に倒れる母を見舞いに来ていました。
母も、私のことを無言で責めていました。
彼女は公平な人でした。
「人を殺してはいけない、あなたは自分の人生に責任を取らないといけない」
程なく戦争が終わったようでした。
レンガ造りのようなたくさんの同じ建物、
混乱の中、人は少なく、
ところどころ火が上がっていて
その広場に絞首台があって、
そこにぶら下がっているイメージがぱっと目に浮かび
怖くなって、そこからすぐに意識が離れました。

→この前世では死んだかと思っていましたが、生き延びたかもしれません。→「人間の暗闇
あまりにも符合していることからこのシュタングルという人物が私の前世だったように思います。
(そうであれば、前世では国外に逃亡して1971年まで生き延びた)
そのときの妻が今の娘でした。
今度は、娘として生まれ変わってきてくれたのです。
そして母は、今の母でした。

そしてそのときのメッセージが
人を殺してはいけない。
戦争はいけない。
もっと別のやり方で家族を愛することもできた。
次は、戦争がない日本に生まれ変わった。
罪悪感は、過去のもので、いまは乗り越えて人生をすごすことができる。
いつも見守っている。
 私とあなたは同じ人だから。

催眠から目覚めるといろいろなことに気づきました。
タートルネックが大嫌いだったのは、首を吊った経験からだと言うこと。
戦争映画が怖くてたまらないのに気になったのは、過去世からきていること
母によそよそしかったのは、罪悪感からでした。
そして、娘がまた自分との人生を選んでくれたこと。
そして私は一人ではないということ
たましいは何度でも生まれ変わっているということ。

それから しばらくすると
罪悪感を感じることは少なくなりました。
だって、過去の癖だったのですから。
いまではずうずうしいくらいで(ごめんなさい)

HPにもUPしていた内容を少し加筆しました。
この前世はやはり今世に影響が強いようで、
ヒプノセラピーで出てきました。

私のヒプノ体験 その18「あがり症の理由(過去世)
【番外編】私のヒプノ体験  罪悪感を手放すということー強制収容所の所長と収容されていたユダヤ人男性との世紀を越えた対話
私のヒプノ体験談29号「強制収容所の前世の続き
ご参考になればと思っています。

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202