体験談217号「子宮頸がんからのメッセージ2」

ヒプノセラピー体験談インナーチャイルド, 年齢退行, 身体の癒し

◆ 体の状態は、良くも悪くも、自分へのメッセージ。

ヒプノセラピーでは、潜在意識下で、
その体や細胞に問いかけ声を聞くことが出来ます。
病気になっていたり、痛みや症状がある時の声とは、実はとても優しい。
自分に対するいたわりの言葉だったりします。
「頑張りすぎだよ。もっと自分らしく生きたらいいのに。我慢しないで・・」

前回は、催眠下でのストレスの元となった
お父さんとの出来事を、年齢退行療法で見つめていきました。
今回はその続き、体(子宮)と症状(子宮頸がん)に問いかけて、
病気からのメッセージを受け取っていきましたよ。
relgf01a201308062200.jpg
ヒプノセラピー体験談 その216「子宮頸がんからのメッセージ2」
※全てのセッション体験談は、クライアントとの同意の上で文章化しています。
そして私の判断、表現、加筆などにより実際のセッションと異なる場合があります。
ご意見、お問合せはコチラまで


最初に年齢退行療法にて、過去の感情を癒す事で
意識の深層状態に沈み込んた状態までたどり着きました。

そのまま・・子宮に焦点を合わせてみました。
子宮・・窮屈だと感じます。固まっていて、上手く動けない感覚。
自由じゃない・・いつも我慢している・・。

今度は子宮頸がんと、対話してみました。
とても不思議なのですが、催眠下では症状と対話する事もできるのです。

子宮頸がん・・
『あなたが幸せになりたいといったから、教えてあげているの。
いつも我慢しているでしょ。自由じゃないでしょ。
本当は元気なのに、いつもじっとしているから。
あなたが困っているから、病気になったの。
そしたら気づいてくれるかなと思ったの。
いつも我慢ばっかりして、自分のことちゃんと見ないから
病気になったらちゃんと向き合うでしょう・・』

クライアントさんは、その子宮頸がんに返事をしました。

「命を掛けて教えてくれて、ありがとう。
あなたのお陰でやっと自分に向き合う事ができそう。
どんな治療法(自然療法・手術)がいいの?」

『あなたが一生懸命考えたなら、治療法は何だっていい。
なるべく体に負担を掛けない方法でね。
ちゃんと細胞は元に戻るから。もっと信じて欲しい。
自由になって、言いたい事言って、やりたい事をやって。
間違ったっていい。やりたい事をやって。
あなたが活き活きとしてくれたら、それが私の喜びです』

——-
体は本来あるべき、
自分らしい健康な姿をちゃんと知っています。
でも誰しも、病気や、様々な辛い症状を抱えて苦しむ時だってある。
辛くともその症状は、忌み嫌うものでも、戦う相手でもなく
あなたを大切に思い、労わっているからこそ表現されているもの。
そしてそのメッセージを知るとき
本当に自分らしい人生に近づいていくのでしょうね。

あなたの心にはどう響きましたか?

 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック
ご予約・お問合せはお気軽に
 090-1725-5587 しもん

Posted by shimon1202